お客様のお買い物の選択肢を広げる新たな事業の開発・運営を担う。 2015年入社
販売促進担当(新規事業企画室) 髙島 瑞穂

INTERVIEW LIST

<--
  • 社内公募で新たなフィールドへ、自分の強みを活かす

    私は美大を卒業後、デザイン会社等を経てヌーヴ・エイに入社しました。販売促進の仕事に興味があり、自分のスキルを活かせると思ったからです。入社後はTiC TAC事業部の販売促進担当を3年間経験。店舗のPOPやポスター、Web等を手がける中で、集客に繋がるデザイン・情報発信の考え方やスキルを学びました。そうして、商品担当と連動して企画立案したVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)をTiC TAC全店舗に展開し、お客様の反応が良く売上実績に結びついたときの嬉しさは格別でした。そして、全社的セクションである新規事業企画室の社内公募があり応募したのは4年目のこと。これまでの経験はもちろん、自分の強みを新たなフィールドで発揮したいという思いがあったからです。

  • 自分のセンスやアイデアを反映し、チャレンジスタート

    新規事業企画室では「TiC TAC USED+(中古腕時計専門の買取・販売オンラインストア)」の販促担当として、サイト立ち上げの準備からスタートし、2018年9月にオープンすることができました。サイトのデザインから告知フライヤー作成、社外へのリリースまで、すべてに対応する必要があり、仕事の幅がぐんと広がりました。TiC TAC USED+のサイトには、中古販売のネガティブイメージを払拭し「古いものに対する視点を変えて新しい価値を見出す」というメッセージを込めています。商品紹介だけでなく、より腕時計を楽しんでいただけるようにブランドや商品を掘り下げたコンテンツも掲載。原稿作成や写真撮影も私が手がけています。自分の経験やセンス、アイデアを反映できる仕事に今大きなやりがいを感じています。

  • 認知度アップを図り、安定した売上を実現するサイトにしたい

    オープン後のTiC TAC USED+のサイトの課題は、認知度アップです。そのためWeb解析をした上で、リスティング広告やSNS広告を打ったり、デジタル戦略部や各事業部と連携してバナー広告の展開、TiC TAC USED+アカウントのインスタグラムの運用など、さまざまな施策を実施しています。同時にコンテンツの充実も図り、安定した売上を実現するサイトへと成長させていきたい。さらに、TiC TAC事業部と連携して「TiC TAC USED+でお客様の古い腕時計を買い取り、お客様が新しい腕時計をTiC TACで購入する」というサイクルをつくり、ヌーヴ・エイ全体としての大きな成果に繋げていきたいです。自分の思いとしても「商品をどう見せて、どうお客様に伝えていくか」という仕事にこれからも積極的に携わっていきたいと思います。

MESSAGE

当社には、いつも何か面白いものはないかと探してきては、みんなに教えてくれるスタッフがたくさんいますが、そんなところから新しいアイデアは生まれるんだと思います。常にいろんなことに興味を持って、アンテナを張れる人におすすめです。

ONE DAY SCHEDULE

1日のスケジュール

  • 9:45

    出社。注文履歴を確認し、サイトの分析を行う

  • 10:00

    次回アップするコンテンツ記事の原稿作成・写真撮影

  • 12:30

    昼食。土日に作り置きしたおかずを詰めた手作り弁当を食べる

  • 13:30

    新着商品の撮影を行う

  • 16:00

    チームミーティング。TiC TAC USED+の現状把握、次の企画について打合せ

  • 18:00

    お問い合わせフォームからいただいたお客様の声を吸い上げ、対応策を考える

  • 19:30

    退社。ジムで汗を流してリフレッシュ

MY CAREER

キャリア

  • 2015

    TiC TAC事業部
    販売促進担当

  • 2018

    新規事業企画室
    販売促進担当

新規事業/オリジナル担当(ローズマリー事業部)

NEXT